交通事故を起こすと被害者側から請求される損害賠償

交通事故発生件数が10年前にピークを迎えてから年々減少傾向を示していますが、事故を起こすと第三者を巻き込むことが多いですから人損、物損を被った第三者から損害賠償請求を受けることが多くなります。その対応には相当な時間と労力を費やすことになります。賠償請求の一つ目として被害者の死傷に関して発生する費用の全てが該当します。これには負傷した場合の治療費や入院代あるいはリハビリ費用や義足や車いす等の補助器具費用、更に、自宅のリフォームが必要ならその費用も含まれます。万一、被害者が亡くなった場合は葬儀費用等が発生します。二つ目として被害者が仕事を休業したことで休業期間中の収入の減少分を補てんする費用があり、事故による後遺症が残るようであれば後遺障害に対する慰謝料も発生します。また、被害者が死亡した場合は遺族が逸失利益を算出して請求できます。三つ目に被害者が事故に遭って精神的及び肉体的に苦痛を受けた部分に対する慰謝料があります。四つ目に被害者の車や建造物の破損を補てんする費用があります。以上、被害者側がいずれの請求をする場合でも必要なものを購入したり、支払った場合の領収書あるいは医者の作成する診断書等、請求額の裏付けとなる証明書類を用意しておくことが必要です。

交通事故の賠償金について

交通事故と聞くと自動車だけのようですが、近年問題になっているのが自転車の事故です。スポーツサイクルであれば、40㎞を超えるスピードが出るタイプもあります。歩行者と接触すると大惨事になりますし、裁判では多額の賠償金支払いを命じられることがあります。保険の加入はもちろんですが、マナーを守って安全運転を心掛ける必要があります。ここ数年で定番になっているのが、弁護士への相談がセットになっている保険です。やはり示談交渉は法律のプロに任せたいですし、その方が話が早くまとまります。事故を起こさないことが一番ですが、起こした時のことを常に頭に入れておくことが大事です。多額の賠償金を支払うことになれば、大切な財産を失うことにも繋がります。仕事をなくす危険もありますし、家族を路頭に迷わせてしまいます。ハンドルを握る前には、改めて安全運転を誓って下さい。

交通事故の賠償で相談することも重要です。

交通事故となり、賠償のことで悩む方もいます。相手とトラブルになっている場合、法律できちんと問題を解決する必要もあるため、弁護士に相談をすることも重要なことです。弁護士に相談をする時に、料金の事をきちんと考えることも必要です。お金のことをあまり気にすることなく、しっかりと相談をして、サポートしてもらえるようにすることも大切なポイントです。もしもの時に相談しやすいように、きちんと備えることも重要になります。自動車保険に加入をする時に、弁護士相談費用の特約を用意してくれている所を探すこともできます。特約に入っていることで、もしもの時に弁護士に相談をしやすくすることができるため、安心できる方もたくさんいます。交通事故の状況によって、相手とトラブルになる可能性もありますし、賠償のことで悩む場合もあり、備えをきちんとすることは重要です。

専門スタッフが病院への同行も行う事務所です。 保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 関東近県以外の都道府県も出張対応いたします。 交通事故分野に特化した当法律事務所では、被害者の法律相談、賠償交渉などの事件解決を専門の弁護士が分かりやすく丁寧に対応しております。 交通事故の賠償は専門家にまず相談